ラグビーム【ラグビーまとめ】

ラグビー情報のまとめサイトです。 野球やサッカーに比べてラグビーを議論できるサイトが少ないと感じ、運営開始いたしました。



    かねてから報じられていたサンウルブズのスーパーラグビーからの去就問題。

    20日、海外メディアによるとサンウルブズがスーパーラグビーから除外されることが決定的であるということが分かりました。

    【海外メディアの報道内容】

    ・昨年出された計画でスーパーラグビーは14チーム総当たりに戻る


    ・スーパーラグビー側からサンウルブズだけ参加料(10億円)を要求。サンウルブズ側はこれを拒否。

    ・サンウルブズは2020シーズンを最後にスーパーラグビーから撤退に。


    ・サンウルブズ排除派の南アフリカ協会はスーパーラグビーの放映権に関して力を持っている。

    ・NZ&オーストラリアはサンウルブズ残留派だがこれ以上主張すると放映料の分配が減額される可能性があった。

    ・結果南アフリカ協会の主張に押しきられる形に。

    ・サンウルブズの継続的参加が経済的チャンスと考えていたオーストラリアのチームにとっては大打撃。


    ・2023年W杯の招致レースで日本は南アフリカではなくフランスを支援していた。その影響も少なからずあるのでは。


    ・スーパーラグビー運営元のSANZAARは22日金曜日(日本時間12時)に声明を発表する。


    サンウルブズは特別な愛され方をされていて、サンウルブズがきっかけでラグビーが好きになった方も多いと聞きます。

    せっかくの日本ラグビーの灯火をこのまま簡単に消してしまうことだけは避けたいです…

     
    反応

















    日本時間16日深夜に行われたシックスネーションズ2019、ウェールズvsアイルランドは25-7でウェールズが勝利。
    この結果によりウェールズは6大会ぶりの優勝とグランドスラムを達成(全勝優勝)を達成しました。


    シックス・ネーションズ ラウンド2
    ウェールズVSアイルランド
    257
    前半後半前半後半
    10T01
    10G01
    33PG00
    00D00

    【会場】プリンシパリティ スタジアム(カーディフ/ウェールズ)





    _20190317_084311

     
    反応














    16日に行われたスーパーラグビー2019ラウンド5、サンウルブズ(JPN)vsレッズ(AUS)は31-34でレッズが勝利しました。





    スーパーラグビー ラウンド5
    サンウルブズVSレッズ
    3134
    前半後半前半後半
    31T14
    31G03
    01PG01
    00D00

    【獲得勝ち点】※( )内は総勝ち点
    サンウルブズ: 1 (6)
    レッズ: 4 (5)

    【会場】
    秩父宮ラグビー場(東京)

     
    反応















    15日、神戸製鋼コベルコスティーラーズはラファエレ・ティモシーの加入を発表しました。 

    【神戸製鋼 新加入選手】

    ラファエレ・ティモシー (前所属 コカコーラ)

    平原大敬 (前所属 豊田自動織機)


    _20190315_214614

    ラファエレ・ティモシー
    生年月日1991年8月19日
    出身ニュージーランド※サモア生まれ
    身長186cm
    体重96kg
    代表キャップ14cap(日本)
    ポジションSO.CTB.FB

    アシュリークーパーの退団をしっかりと穴埋め補強をしてきた神戸製鋼。

    王者になり本気度が一層増しています…
     
    反応





    ↑17年10月に帰化しました♪








    現在議論の真っ只中にあるサンウルブズのスーパーラグビーからの進退問題。

    スーパーラグビーの運営元であるSANZAARの会議の中で議論がされ、スーパーラグビーに加入している各国(南アフリカ、NZ、オーストラリア、アルゼンチン)は日本から恩恵を受けているかどうかで残留派or撤退派に分かれているようです。

    【各国の立ち位置】

    NZ : 経済的メリットがあるので残留派

    オーストラリア : 経済的メリットがあるので残留派

    南アフリカ : 日本への直行便が無く、選手の移動が大変なので撤退派

    アルゼンチン : 特に主張はせず。


    南アフリカ側がどれくらいの激しさで撤退を主張しているのかが気になるところです…

    ちなみに日本のダイキン工業が大口スポンサーであるワラターズ(オーストラリア)の会長はSANZAARの幹部に対しサンウルブズ残留を要望したそうです。

    14日以降にSANZAARは結論を出すとのこと。

    祈りましょう…

     
    反応












    10日、サンウルブズにアマナキ・レレィ・マフィが追加加入することが発表されました。




    _20190305_030603

    アマナキ・レレィ・マフィ
    生年月日1990年1月11日
    出身トンガ
    身長189cm
    体重112kg
    SRキャップ22キャップ(日本)
    ポジションNo8

     
    反応














    9日に行われたスーパーラグビー2019ラウンド4、ブルーズvsサンウルブズの対戦は28ー20でブルーズが勝利しました。




    スーパーラグビー2019 ラウンド4
    ブルーズVSサンウルブズ
    2820
    前半後半前半後半
    22T11
    10G11
    11PG20
    00D00
    【シンビン】
    56分 マシレワ(サンウルブズ)
    74分 ベラ(サンウルブズ)


    【獲得勝ち点】※( )内は総勝ち点
    ブルーズ: 4 (6)
    サンウルブズ: 0 (5)

    【会場】
    ノースハーバースタジアム(オークランド/NZ)
     
    反応

















    6日、トヨタ自動車ヴェルブリッツは2019年度の新加入選手としてオールブラックスのNO8で主将のキアラン・リードの獲得を発表しました。



    _20190110_155841

    キアラン・リード
    生年月日1985年10月26日
    出身ニュージーランド(パパクラ)
    身長193cm
    体重110kg
    代表キャップ118試合
    ポジションNO8

     
    反応














     


    トップリーグ、トヨタ自動車ヴェルブリッツが2019年度の新加入選手としてキヤノンでもプレーした南アフリカ代表ウィリー・ルルーの獲得を発表しました。


    ↓ジェイクホワイト監督のコメント
    「国際舞台での経験が豊富な選手の加入はチームの推進力になることは間違いない。」
    「日本のラグビーにも精通しており、チームへの合流と同時に大活躍してくれることを期待している。」

    _20190305_211639


    ウィリー・ルルー
    生年月日1989年8月18日
    出身南アフリカ
    身長186cm
    体重90kg
    代表キャップ52試合(南ア)
    ポジションWTB/FB

    ジェイクホワイトが豊田章男社長にルルーの獲得をお願いしたという噂が出ていましたが、要望にしっかり答えるのは流石というしか…

    豊田章男社長には「好きにしていい」と言われているそうです…
     
    反応












    4日、日本ラグビー協会は日本代表候補合宿にアマナキ・レレィ・マフィを追加召集することを発表しました。

    マフィ選手は昨年7月にレベルズのチームメイトに暴行したとして逮捕。

    釈放された後は、謹慎を余儀なくされていましたが、昨年11月にはNTTコムのメンバーとしてトップリーグカップに出場し、実戦復帰していました。


    ↓日本ラグビー協会のコメント
     
    日本ラグビーフットボール協会は、アマナキ・レレイ・マフィ選手についてニュージーランドにおいて係属中の司法手続の進捗を見守っておりましたが、再三に渡り裁判期日が延期されたこと、更には今後の手続の日程が確定しておらず、短期間のうちに終結する見込みが立たないこともあり、本人と面談を行い、十分な反省が伺えることから、3月4日からのワールドカップトレーニングスコッド合宿に招集することを決めました。

    但し、今後、司法手続に進捗があった場合には、適宜、協会として判断する予定です。



    _20190305_030603

    アマナキ・レレィ・マフィ
    生年月日1990年1月11日
    出身トンガ
    身長189cm
    体重112kg
    SRキャップ22キャップ(日本)
    ポジションNo8

    反応















    このページのトップヘ