ラグビーム【ラグビーまとめ】

ラグビー情報のまとめサイトです。 野球やサッカーに比べてラグビーを議論できるサイトが少ないと感じ、運営開始いたしました。

    2018年04月


    4月27日に行われたスーパーラグビー2018(Round11)、ハリケーンズvsサンウルブズの対戦は43-15でハリケーンズが勝利しました。


    スーパーラグビー2018・Round11
    ハリケーンズVSサンウルブズ
    4315
    5 (32)勝点(計)0 (2)
    前半後半前半後半
    34T11
    31G10
    00PG10
    00D00
    【会場】セントラル・エナジー・トラスト・アリーナ/パーマストンノース




     
    ラグビー民の反応
















    トヨタ自動車ヴェルブリッツが2017年度をもって安藤泰洋選手の退団を発表しました。


    ↓ヴェルブリッツは退団を発表するとともに、安藤選手へエールのツイートを送っています。

    安藤泰洋
    生年月日1987年8月22日
    出身秋田県
    身長181cm
    体重96kg
    代表キャップ2試合
    ポジションNO8、FL


    ラグビー民の反応












    数々の衝撃を世界のラグビー界に与えてきたスプリングボクスの英雄、ブライアン・ハバナが今季限りでの現役引退を発表しました


    【AFP通信】ハバナが引退表明、南アフリカ最多トライの伝説的選手
    http://www.afpbb.com/articles/-/3172415?act=all
    (以下記事引用)
    南アフリカラグビー協会(SARU)のマーク・アレキサンダー(Mark Alexander)会長から「南アフリカ史上最高のスポーツマンの一人」と称賛されたハバナは、2013-14シーズンからトゥーロンに加入し、2度のヨーロピアンラグビーチャンピオンズカップ(European Rugby Champions Cup)制覇とリーグ優勝1回を経験した。
    スプリングボクス(Springboks、南アフリカ代表の愛称)ではビクター・マットフィールド(Victor Matfield)氏に次いで歴代2位の124キャップを誇り、2004年11月のイングランド戦で決めた初トライから同国最多の67トライを積み上げた。
    2007年のW杯(Rugby World Cup)では大会記録に並ぶ8トライを記録するなど、母国の優勝に決定的な役割を果たしたが、代表でのキャリアは18-20でイタリアに歴史的な初黒星を喫した2016年11月の試合が最後となっていた。

    ブライアン・ハバナ
    生年月日1983年6月12日
    出身南アフリカ
    身長180cm
    体重94kg
    代表キャップ124試合
    W杯トライ数15(歴代1位)


    ↓ハバナ(100M10秒4)vsチーター



    ラグビー民の反応

















    2019年ラグビーW杯に日本大会の公式ボランティアの募集が4月23日より開始しました。



    ■ボランティアプログラム名称:

    ラグビーワールドカップ™日本大会公式ボランティアプログラム「NO-SIDE」

    ■募集人数:

    全国12開催都市 合計約10,000人

    ■募集期間:

    2018年4月23日(月)12:00から7月18日(水)11:59まで

    ※応募申し込み時に、活動を希望される開催都市を選択していただきます。

    ■応募要件:

    ・2019年3月31日時点で満18歳に達している方

    ・日本語で読み書き・日常会話が可能な方

    ・1日あたり最長8時間の活動にご参加いただける方。

     ※未成年の方は、保護者同意書をご提出いただく必要ございます。

    ・面接や研修にご参加いただけること

    ・ラグビーワールドカップ2019™公式ボランティアプログラムの趣旨にご賛同いただける方


    ■応募方法:

    オンラインによる応募申し込みとなります。 


    _20180425_002248

     
    ラグビー民の反応















    4月21日に行われたスーパーラグビー2018(ラウンド10)、クルセイダーズvsサンウルブズの対戦は33-11でクルセイダーズが勝利しました。


    スーパーラグビー2018・Round10
    クルセイダーズVSサンウルブズ
    3311
    5 (29)勝点(計)(2)
    前半後半前半後半
    23T10
    22G00
    00PG02
    00D00
    【会場】AMIスタジアム/クライストチャーチ



    ラグビー民の反応















     
    ラグビーW杯2019の公認キャンプ地の内定地が発表されました。

    90の自治体から立候補があり、組織委員会の選定の結果、59の自治体に内定が伝えられました。


    ↓内定地一覧

    A組

    【アイルランド】  
    市原市、横浜市、掛川市・磐田市、神戸市、春日市
    【スコットランド】 
    東京都A、横浜市、浜松市、神戸市・兵庫県、長崎県・長崎市
    【日本】
    東京都B、東京都C、浜松市
    【ルーマニア】   
    さいたま市、埼玉県・熊谷市A、武蔵野市、海老名市、掛川市・磐田市、淡路市・兵庫県
    【欧州オセアニアプレーオフ】 
    山形市・天童市、熊谷市B、名古屋市、淡路市・兵庫県、福岡県・福岡市

    B組

    【NZ】
    浦安市、東京都C、一宮市、別府市
    【南アフリカ】   
    浦安市、御前崎市、一宮市、神戸市
    【イタリア】
    静岡市、豊田市、堺市、福岡県・福岡市
    【アフリカ代表】
    岩手県・宮古市、盛岡市、町田市、豊田市、大阪府・東大阪市、和歌山県・上富田町
    【敗者復活予選】
    岩手県・釜石市、神戸市・兵庫県、長門市、春日市、大分県・別府市

    C組

    【イングランド】
    札幌市A、府中市、東京都C、神戸市、宮崎県・宮崎市
    【フランス】
    府中市、東京都A、富士吉田市・富士河口湖町、熊本県・熊本市A
    【アルゼンチン】
    福島県、埼玉県・熊谷市A、東京都B、大阪府・東大阪市
    【米国】
    埼玉県・熊谷市B、堺市、福岡県・福岡市、読谷村
    【トンガ】
    札幌市B、埼玉県・熊谷市B、大阪府・東大阪市、堺市、長崎県・島原市、熊本県・熊本市B

    D組

    【豪州】
    北海道・江別市、浦安市、東京都C、掛川市・磐田市、別府市
    【ウェールズ】
    東京都B、豊田市、大津市、北九州市、熊本県・熊本市A、別府市
    【ジョージア】
    埼玉県・熊谷市B、御前崎市、名古屋市、堺市
    【フィジー】 
    札幌市C、網走市、岩手県・宮古市、大津市、大阪府・東大阪市、大分市
    【ウルグアイ】
    岩手県・釜石市、北上市、埼玉県・熊谷市A、熊本県・熊本市B、大分市


    ラグビー民の反応















    コカ・コーラレッドスパークスからの退団を発表していた有田隆平選手。

    新たな移籍先は神戸製鋼に決定しました。



    【神戸製鋼】2018年度 新加入選手及びスタッフ(追加)のお知らせ


    *有田 隆平

    生年月日:1989年3月21日

    ポジション:HO

    身長/体重:176cm/104kg

    前所属先:コカ・コーラレッドスパークス

    主な代表歴:日本代表

    *アンドレ・ベル

    生年月日:1970年4月23日

    役職:BKコーチ

    ※神戸製鋼公式サイトより引用
    https://www.kobelcosteelers.com/news/information/2018/04/2018-5.php



    ラグビー民の反応










    トップリーグ・パナソニックワイルドナイツの北川智規が現役を退くことが分かりました。


    【日刊スポーツ】パナソニック北川智規が引退、トライ数TL歴代2位
    https://www.nikkansports.com/sports/news/201804030000821.html

    (以下記事引用)
    パナソニックは3日、TL歴代2位となる通算101トライを挙げていた日本代表3キャップのWTB北川智規(34)やWTB児玉健太郎(26)ら6人の退団を発表した。

    関係者によると、北川は引退して社業に専念し、児玉は移籍を希望しているという。


    北川智規
    生年月日1983年7月25日
    出身京都府
    身長174cm
    体重80kg
    代表キャップ3試合
    TLトライ数101(歴代2位)


     
    ラグビー民の反応











    トヨタ自動車ヴェルブリッツが2018年度の新入団選手5選手の加入を発表しました。


    トヨタ自動車新入団 
     
    ラグビー民の反応













    このページのトップヘ