ラグビーム【ラグビーまとめ】

ラグビー情報のまとめサイトです。 野球やサッカーに比べてラグビーを議論できるサイトが少ないと感じ、運営開始いたしました。

    2019年03月


    29日、トップリーグに所属するパナソニックワイルドナイツが2018年度をもっての退団選手を発表しました。


    【パナソニック退団選手】

    ・田中 史朗 SH(12年在籍)

    ・山田 章仁 WTB(9年在籍)

    ・西原 忠佑 FL(9年在籍)

    ・鶴ヶ﨑 好昭 WTB(7年在籍)

    ・べリック バーンズ SO(6年在籍)

    ・田村 エムセン PR(4年在籍)

    ・宇佐美 和彦 LO(2年在籍)

    ・サム ワイクス LO(2年在籍)

    ・ディグビ イオアネ CTB/WTB (2年在籍)

    ・マット トッド FL/NO.8(1年在籍)

    ・トム モロニー PR(1年在籍)

    ・コーネ フーリ― PR/HO(1年在籍)

    ・トロイ ハレット PR(1年在籍)

    ・セフ ファアガセ PR(1年在籍)

    ・アッシュ ディクソン HO(1年在籍)

    ・マヘ ヴァイラヌ HO(1年在籍)

    ・ローソン クライトン SO/FB(1年在籍)

    【勇退選手】

    ・ホラニ 龍コリニアシ NO.8(13年在籍)

    ・劉 永男 LO/FL(11年在籍)


    ※ホラニ選手、劉選手は選手兼アシスタントコーチでしたが、コーチ専任に。


     
    反応


















    29日に行われたスーパーラグビー2019第7節、サンウルブズvsワラターズは29-31でサンウルブズが勝利しました。





    スーパーラグビー2019 ラウンド7
    ワラターズVSサンウルブズ
    2931
    前半後半前半後半
    22T22
    12G22
    10PG10
    00D00
    【獲得勝ち点】※( )内は総勝ち点
    ワラターズ: 1 (15)
    サンウルブズ:4 (10)

    【会場】
    マクドナルド・ジョーンズ・スタジアム(ニューカッスル/オーストラリア)

     
    反応


















    25日に甲子園球場行われた選抜高校野球の一回戦、山梨学院vs札幌第一の試合。

    _20190325_184255

    24-5という大差がついた試合となったのですが、このスコアが「ラグビーみたい」とTwitter上で話題となっていました。


    ラグビーっぽいスコアの24-3でむかえた最終回には札幌第一が2点返したのですが、もし1点しか返していなかったらラグビーでは不可能なスコアになっていました(昔はトライが4点でしたが、現在はトライが5点になり4点というスコアが存在しません。)


    ↓ラグビーの24-5はこんな感じ。
    第91回選抜高校野球 1回戦
    山梨学院VS札幌第一
    245
    前半後半前半後半
    21T01
    21G00
    00PG00
    01D00

     
    反応









    ちなみに山梨学院と札幌第一の両校ともにラグビー部は存在しません…

    ちなみにラグビーのほうのセンバツ(選抜高校ラグビー大会)は3月29日に開幕です!



    23日に行われたスーパーラグビー2019ラウンド6、サンウルブズvsライオンズは24-37でライオンズが勝利しました。




    スーパーラグビー2019 ラウンド6
    サンウルブズVSライオンズ
    2437
    前半後半前半後半
    12T24
    02G11
    01PG01
    00D00
    【獲得勝ち点】※( )内は総勝ち点
    サンウルブズ: 0 (6)
    ライオンズ: 5 (18)

    【会場】
    シンガポール国立スタジアム

     
    反応

















    かねてから報じられていたサンウルブズのスーパーラグビーからの去就問題。

    20日、海外メディアによるとサンウルブズがスーパーラグビーから除外されることが決定的であるということが分かりました。

    【海外メディアの報道内容】

    ・昨年出された計画でスーパーラグビーは14チーム総当たりに戻る


    ・スーパーラグビー側からサンウルブズだけ参加料(10億円)を要求。サンウルブズ側はこれを拒否。

    ・サンウルブズは2020シーズンを最後にスーパーラグビーから撤退に。


    ・サンウルブズ排除派の南アフリカ協会はスーパーラグビーの放映権に関して力を持っている。

    ・NZ&オーストラリアはサンウルブズ残留派だがこれ以上主張すると放映料の分配が減額される可能性があった。

    ・結果南アフリカ協会の主張に押しきられる形に。

    ・サンウルブズの継続的参加が経済的チャンスと考えていたオーストラリアのチームにとっては大打撃。


    ・2023年W杯の招致レースで日本は南アフリカではなくフランスを支援していた。その影響も少なからずあるのでは。


    ・スーパーラグビー運営元のSANZAARは22日金曜日(日本時間12時)に声明を発表する。


    サンウルブズは特別な愛され方をされていて、サンウルブズがきっかけでラグビーが好きになった方も多いと聞きます。

    せっかくの日本ラグビーの灯火をこのまま簡単に消してしまうことだけは避けたいです…

     
    反応

















    日本時間16日深夜に行われたシックスネーションズ2019、ウェールズvsアイルランドは25-7でウェールズが勝利。
    この結果によりウェールズは6大会ぶりの優勝とグランドスラムを達成(全勝優勝)を達成しました。


    シックス・ネーションズ ラウンド2
    ウェールズVSアイルランド
    257
    前半後半前半後半
    10T01
    10G01
    33PG00
    00D00

    【会場】プリンシパリティ スタジアム(カーディフ/ウェールズ)





    _20190317_084311

     
    反応














    16日に行われたスーパーラグビー2019ラウンド5、サンウルブズ(JPN)vsレッズ(AUS)は31-34でレッズが勝利しました。





    スーパーラグビー ラウンド5
    サンウルブズVSレッズ
    3134
    前半後半前半後半
    31T14
    31G03
    01PG01
    00D00

    【獲得勝ち点】※( )内は総勝ち点
    サンウルブズ: 1 (6)
    レッズ: 4 (5)

    【会場】
    秩父宮ラグビー場(東京)

     
    反応















    15日、神戸製鋼コベルコスティーラーズはラファエレ・ティモシーの加入を発表しました。 

    【神戸製鋼 新加入選手】

    ラファエレ・ティモシー (前所属 コカコーラ)

    平原大敬 (前所属 豊田自動織機)


    _20190315_214614

    ラファエレ・ティモシー
    生年月日1991年8月19日
    出身ニュージーランド※サモア生まれ
    身長186cm
    体重96kg
    代表キャップ14cap(日本)
    ポジションSO.CTB.FB

    アシュリークーパーの退団をしっかりと穴埋め補強をしてきた神戸製鋼。

    王者になり本気度が一層増しています…
     
    反応





    ↑17年10月に帰化しました♪








    現在議論の真っ只中にあるサンウルブズのスーパーラグビーからの進退問題。

    スーパーラグビーの運営元であるSANZAARの会議の中で議論がされ、スーパーラグビーに加入している各国(南アフリカ、NZ、オーストラリア、アルゼンチン)は日本から恩恵を受けているかどうかで残留派or撤退派に分かれているようです。

    【各国の立ち位置】

    NZ : 経済的メリットがあるので残留派

    オーストラリア : 経済的メリットがあるので残留派

    南アフリカ : 日本への直行便が無く、選手の移動が大変なので撤退派

    アルゼンチン : 特に主張はせず。


    南アフリカ側がどれくらいの激しさで撤退を主張しているのかが気になるところです…

    ちなみに日本のダイキン工業が大口スポンサーであるワラターズ(オーストラリア)の会長はSANZAARの幹部に対しサンウルブズ残留を要望したそうです。

    14日以降にSANZAARは結論を出すとのこと。

    祈りましょう…

     
    反応












    10日、サンウルブズにアマナキ・レレィ・マフィが追加加入することが発表されました。




    _20190305_030603

    アマナキ・レレィ・マフィ
    生年月日1990年1月11日
    出身トンガ
    身長189cm
    体重112kg
    SRキャップ22キャップ(日本)
    ポジションNo8

     
    反応












    このページのトップヘ