ヤマハ発動機ジュビロのSO大田尾竜彦選手が今シーズン限りでの現役引退を発表しました。

【静岡新聞】SO大田尾竜彦、引退へ ラグビーのヤマハ発動機
http://www.at-s.com/sports/article/shizuoka/yamaha/445333.html
(以下記事引用)
 2019年のワールドカップを受けた来季TLの試合数減少や自身の年齢などを考慮して「今年が(引退する)一番のタイミング」と判断した。清宮監督には昨年末の最終節終了後、チームメートには10日のミーティングで伝えたという。
 大田尾は佐賀工高、早大を経て04年にヤマハ発入りした。当初からレギュラーに定着。チームの司令塔として活躍し、15年には日本選手権初優勝に導いた。16年に同期のプロップ山村(佐賀工高出身)とともに、史上2、3人目のリーグ戦通算150試合出場を達成した。今季からコーチを兼任している。日本代表7キャップ。

 
ラグビー民の反応