2016年に白血病を発症し、長きにわたり闘病を続け克服したブランビーズのSOリアリーファノ

元々トップリーグ、サントリーに加入予定だったのですが、白血病によって来日は無くなりました。

そんなリアリーファノがついに明日、秩父宮ラグビー場で行われるサンウルブズ戦にスタメンとして出場します。


【サンスポ】白血病から復帰のリアリーファノが励ましの言葉

https://www.google.co.jp/amp/www.sanspo.com/rugby/amp/20180223/ruo18022312390001-a.html
(以下記事引用)
2016年にはサントリーに加入する予定だったが、白血病を患って来日できなかった。

妹から骨髄移植を受け、2017年夏にはブランビーズの試合に出るまでに回復した。

「自分にとって、あすの試合で日本でプレーするということは特別なこと。同じ病と闘う人には、常にポジティブでいてほしい。いろいろな人がサポートしてくれるから」と励ましの言葉も送った。


 
ラグビー民の反応