数々の衝撃を世界のラグビー界に与えてきたスプリングボクスの英雄、ブライアン・ハバナが今季限りでの現役引退を発表しました


【AFP通信】ハバナが引退表明、南アフリカ最多トライの伝説的選手
http://www.afpbb.com/articles/-/3172415?act=all
(以下記事引用)
南アフリカラグビー協会(SARU)のマーク・アレキサンダー(Mark Alexander)会長から「南アフリカ史上最高のスポーツマンの一人」と称賛されたハバナは、2013-14シーズンからトゥーロンに加入し、2度のヨーロピアンラグビーチャンピオンズカップ(European Rugby Champions Cup)制覇とリーグ優勝1回を経験した。
スプリングボクス(Springboks、南アフリカ代表の愛称)ではビクター・マットフィールド(Victor Matfield)氏に次いで歴代2位の124キャップを誇り、2004年11月のイングランド戦で決めた初トライから同国最多の67トライを積み上げた。
2007年のW杯(Rugby World Cup)では大会記録に並ぶ8トライを記録するなど、母国の優勝に決定的な役割を果たしたが、代表でのキャリアは18-20でイタリアに歴史的な初黒星を喫した2016年11月の試合が最後となっていた。

ブライアン・ハバナ
生年月日1983年6月12日
出身南アフリカ
身長180cm
体重94kg
代表キャップ124試合
W杯トライ数15(歴代1位)


↓ハバナ(100M10秒4)vsチーター



ラグビー民の反応