ラグビーム【ラグビーまとめ】

ラグビー情報のまとめサイトです。 野球やサッカーに比べてラグビーを議論できるサイトが少ないと感じ、運営開始いたしました。

    トップリーグ


    ウェールズ代表大型CTBのジェイミー・ロバーツ日本への移籍の可能性があると、イギリス紙が報じています。

    DM5gSizX4AAEdS4

    【英紙デイリーメール】
    Wales centre Jamie Roberts is considering a move to Japan at the end of the season.
    The rich Asian clubs are launching a recruitment drive before the 2019 World Cup - with Dan Carter recently signing for the Kobelco Steelers.
    Roberts, 31, is out of contract with Harlequins in the summer and could be the next big recruit to the Top League
    ウェールズのセンター、ジェイミー・ロバーツはシーズン終了後に日本への移籍を考えている。
    アジアのお金持ちクラブは2019年W杯前にダンカーターが神戸製鋼と契約してから補強に動き始めている。
    ロバーツは夏にハリクインズと契約が切れるので、トップリーグの次の大型補強になるかもしれない。


    ロバーツのコメント
    Japan is certainly an option to explore
    I'll make a decision over the next month or six weeks. 
    「日本は確かに選択肢、どうなるかそのうち分かるよ。
    これから1か月~6週間の間で決断するつもり。」


    ロバーツ自身が否定をしていないので、可能性は高そう。

    トップリーグでこんな光景が近いうちに見れるかもしれませんね↓


    12月24日に行われたトップチャレンジリーグ・セカンドステージAグループ最終節、ホンダヒートvs日野自動車レッドドルフィンズの対戦は55-10でホンダが勝利しました。

    この結果により、1位のホンダはトップリーグ昇格が決定しました。


     
    ラグビー民の反応











    12月10日に行われたラグビートップリーグ第11節、パナソニック ワイルドナイツvs宗像サニックスブルースの対戦は42-7でパナソニックが勝利しました。

    トップリーグ第11節
    パナソニックVSサニックス
    427
    5勝点0
    54総勝点7
    前半後半前半後半
    33T01
    33G01
    00PT00
    00PG00
    00D00
    【MOM】松田力也(パナソニック)
    【会場】熊谷陸上競技場
    【観客数】3542人





     
    ラグビー民の反応








    12月9日に行われたラグビートップリーグ11節、 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス vsキヤノンイーグルスの対戦は8-3でNTTコムが勝利しました。

    トップリーグ第11節
    NTTコムVSキヤノン
    83
    4勝点1
    29総勝点19
    前半後半前半後半
    01T00
    00G00
    00PT00
    01PG10
    00D00
    【MOM】小倉順平(NTTコム)
    【会場】秩父宮ラグビー場
    【観客数】8568人


     
    ラグビー民の反応








    12月9日に行われたラグビートップリーグ第11節、神戸製鋼コベルコスティーラーズvs近鉄ライナーズの対戦は39-22で神戸製鋼が勝利しました。

     
    トップリーグ第11節
    神戸製鋼VS近鉄
    3922
    5勝点0
    36総勝点13
    前半後半前半後半
    24T12
    21G11
    00PT00
    10PG01
    00D00


    【日刊スポーツ】神戸製鋼5戦ぶり白星、マッケイHC「ハッピーだ」
    https://www.nikkansports.com/sports/news/201712090000512.html
    神戸製鋼が5戦ぶり勝利を挙げた。後半16分に自陣10メートルライン付近で相手ボールをインターセプトしたCTB山中亮平(29)が、独走トライ。同37分には途中出場の正面健司(34)が、中央付近からドリブルでボールを運びダメ押しのトライを挙げた。計6トライの圧勝に、ジム・マッケイヘッドコーチは「結果はハッピーだ」と笑顔
    ラグビー民の反応









    12月9日に行われたラグビートップリーグ第11節、 豊田自動織機シャトルズvsリコーブラックラムズの対戦は20-35でリコーが勝利しました。

    トップリーグ第11節
    豊田自動織機VSリコー
    2035
    0勝点5
    7総勝点39
    前半後半前半後半
    11T23
    11G11
    00PT00
    11PG11
    00D00
    【MOM】ロビー・ロビンソン(リコー)
    【会場】豊田スタジアム
    【観客数】3680人


     
    ラグビー民の反応






     12月9日に行われたラグビートップリーグ第11節、NECグリーンロケッツvsサントリーサンゴリアスの対戦は13-28でサントリーが勝利しました。

    トップリーグ第11節
    NECVSサントリー
    1328
    0勝点4
    21総勝点47
    前半後半前半後半
    01T11
    01G10
    00PT10
    11PG21
    00D00
    【MOM】ツイ ヘンドリック(サントリー)
    【会場】秩父宮ラグビー場
    【観客数】6089人


     
    ラグビー民の反応













     バスケットBリーグの「東芝川崎ブレイブサンダース」を東芝がディー・エヌ・エーに譲渡することが発表されました。
    東芝といえばラグビートップリーグの「東芝ブレイブルーパス」も保有していますが、ラグビー部に関しては継続して運営していくそうです。


    【日本経済新聞】東芝、バスケ事業をディーエヌエーに譲渡 ラグビーと野球は維持   
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL06HRK_W7A201C1000000/

    (以下記事引用)
    東芝(6502)は6日、バスケットボール男子Bリーグの「東芝川崎ブレイブサンダース」の運営権をディー・エヌ・エー(2432)に譲渡すると発表した。東芝のバスケ事業はディーエヌエが2018年1月に設立する運営会社に吸収され、18年シーズンが始まるまでの手続き完了を目指す。


    東芝はラグビー部と野球部については同社の企業スポーツチームとして運営を継続する方針だ。


     
    ラグビー民の反応









    12月2日に行われたラグビートップリーグ第10節、NTTコミュニケーションズシャイニングアークスvs神戸製鋼コベルコスティーラーズの対戦は28-28のドローとなりました。

      
    トップリーグ第10節
    NTTコムVS神戸製鋼
    2828
    2勝点2
    25総勝点31
    前半後半前半後半
    12T31
    02G31
    00PT00
    21PG00
    00D00
    【MOM】アダム・アシュリークーパー(神戸製鋼)
    【会場】秩父宮ラグビー競技場
    【観客数】9784人



     
    ラグビーファンの反応










    ※コメントを残してくれるとうれしいです♪


    12月2日に行われたラグビートップリーグ第10節、 リコーブラックラムズvsNTTドコモレッドハリケーンズの対戦は34-12でリコーが勝利しました。

    トップリーグ第10節
    リコーVSNTTドコモ
    3412
    5勝点0
    34総勝点17
    前半後半前半後半
    23T11
    12G10
    00PT00
    00PG00
    01D00
    【MOM】大川創太郎(リコー)
    【会場】秩父宮ラグビー場
    【観客数】6417人




     
    ラグビーファンの反応








    ※コメントを残してくれるとうれしいです♪

    このページのトップヘ