ラグビーム【ラグビーまとめ】

ラグビー情報のまとめサイトです。 野球やサッカーに比べてラグビーを議論できるサイトが少ないと感じ、運営開始いたしました。

    オールブラックス


    日本ラグビー協会は今年の10月27日に日産スタジアムでブレディスローカップを開催することを発表しました。


     【日本ラグビー協会】ブレディスローカップ 開催決定
    https://www.rugby-japan.jp/2018/01/31/bledisloe_cup_to_take_place_in_nissan_stadium/

    「ブレディスローカップ」とは、オーストラリア代表とニュージーランド代表との間で80年以上にわたり行われている伝統ある試合で、当該国以外の第3国で行われるのは4回目、日本で行われるのは2009年以来、2回目となります。

    なお、この試合のチケット情報に関しては、2018年7月以降の発表を予定しております。

    ■開催日:2018年10月27日(土)※キックオフ時間未定(決まり次第、お知らせいたします)

    ■会場:日産スタジアム(神奈川県横浜市港北区小机町3300)

    ■主催:公益財団法人日本ラグビーフットボール協会、ニュージーランドラグビー協会


    <ご参考 過去の日本での開催実績>

    2009年10月31日「ニッスイ東京2009ブレディスローカップ」 東京・国立競技場 (観客44,449人)
    ニュージーランド ○32-19● オーストラリア


     
    ラグビー民の反応













     現在来日中のオールブラックスですが、東京(横浜)チームと大阪チームに分かれてラグビー教室等のイベントに参加しているようです。
    東京組はボーデン・バレット、ソニービル・ウィリアムス、アーロン・スミスなど、
    大阪組はサム・ホワイトロック、ジェローム・カイノなど、

    【産経ニュース】オールブラックスが19年W杯決勝の地・横浜でイベント 世界最優秀選手バレットら参加
    http://www.sankei.com/sports/news/171128/spo1711280021-n1.html
    「オールブラックス」の選手が28日、横浜市内でイベントに参加し、同市で決勝の開かれる2019年W杯への決意を新たにした。
    参加したのは2年連続で男子の年間世界最優秀選手に選ばれたSOボーデン・バレットら5選手で、国の重要文化財の造船所跡「ドックヤードガーデン」に設置されたコートで、4対4のラグビーゲーム「DFY」を披露。全国大学選手権2季連続準優勝の東海大と対戦したほか、横浜市や東京都のラグビースクールチームの「監督」を務め、子供たちの対戦を盛り上げた。

    【高知新聞】NZ代表が小学生にラグビー教室 大阪府吹田市の千里新田小
    http://www.kochinews.co.jp/article/142231/
    「オールブラックス」の選手が28日、大阪府吹田市の千里新田小で同校の児童を対象にラグビー教室を開いた。

     教室には同国の女子代表選手も参加。楕円球を使ったパス回しやランニングなどで児童と笑顔で交流した。男子代表のサミュエル・ホワイトロック選手は参加者らに「一番大事なことはお互いが異なる個性を持つことを理解すること」などと熱っぽく語り掛け、仲間を受け入れ、チームが一丸となることの大切さを伝えた。 

     
    ラグビーファンの反応














    ※良かったらコメント残していってください♪


    トップリーグ入りの噂が出ていたラグビー界のスーパースターのダン・カーター。

    25日にはカーター自身がツイッターで日本行きをツイートして確実なものとなりました。
    パナソニックとの噂もあったのですが行先は神戸製鋼です。



    翻訳すると「私は次のシーズン神戸製鋼に加入する予定です。この決断は簡単ではなかったけど、ラシン92には感謝しなければ」みたいな感じですかね?(グーグル翻訳にお願いしました…)

     
    ラグビーファンの反応
















    ※よろしければコメント残してくださるとありがたいです。


    日本のトップリーグへの移籍の可能性を報じられているダン・カーター

    言わずと知れたオールブラックスの英雄で世界的スーパースターでありますが、
    日本への移籍が実現するならば、移籍先に考えられるのはやはりパナソニック?と思われていましたが、ここにきて神戸製鋼の可能性があるとも報じられています…

     
    ラグビーファンの反応

















    このページのトップヘ