ラグビーム【ラグビーまとめ】

ラグビー情報のまとめサイトです。 野球やサッカーに比べてラグビーを議論できるサイトが少ないと感じ、運営開始いたしました。

    サンウルブズ



    かねてから報じられていたサンウルブズのスーパーラグビーからの去就問題。

    20日、海外メディアによるとサンウルブズがスーパーラグビーから除外されることが決定的であるということが分かりました。

    【海外メディアの報道内容】

    ・昨年出された計画でスーパーラグビーは14チーム総当たりに戻る


    ・スーパーラグビー側からサンウルブズだけ参加料(10億円)を要求。サンウルブズ側はこれを拒否。

    ・サンウルブズは2020シーズンを最後にスーパーラグビーから撤退に。


    ・サンウルブズ排除派の南アフリカ協会はスーパーラグビーの放映権に関して力を持っている。

    ・NZ&オーストラリアはサンウルブズ残留派だがこれ以上主張すると放映料の分配が減額される可能性があった。

    ・結果南アフリカ協会の主張に押しきられる形に。

    ・サンウルブズの継続的参加が経済的チャンスと考えていたオーストラリアのチームにとっては大打撃。


    ・2023年W杯の招致レースで日本は南アフリカではなくフランスを支援していた。その影響も少なからずあるのでは。


    ・スーパーラグビー運営元のSANZAARは22日金曜日(日本時間12時)に声明を発表する。


    サンウルブズは特別な愛され方をされていて、サンウルブズがきっかけでラグビーが好きになった方も多いと聞きます。

    せっかくの日本ラグビーの灯火をこのまま簡単に消してしまうことだけは避けたいです…

     
    反応

















    16日に行われたスーパーラグビー2019ラウンド5、サンウルブズ(JPN)vsレッズ(AUS)は31-34でレッズが勝利しました。





    スーパーラグビー ラウンド5
    サンウルブズVSレッズ
    3134
    前半後半前半後半
    31T14
    31G03
    01PG01
    00D00

    【獲得勝ち点】※( )内は総勝ち点
    サンウルブズ: 1 (6)
    レッズ: 4 (5)

    【会場】
    秩父宮ラグビー場(東京)

     
    反応















    現在議論の真っ只中にあるサンウルブズのスーパーラグビーからの進退問題。

    スーパーラグビーの運営元であるSANZAARの会議の中で議論がされ、スーパーラグビーに加入している各国(南アフリカ、NZ、オーストラリア、アルゼンチン)は日本から恩恵を受けているかどうかで残留派or撤退派に分かれているようです。

    【各国の立ち位置】

    NZ : 経済的メリットがあるので残留派

    オーストラリア : 経済的メリットがあるので残留派

    南アフリカ : 日本への直行便が無く、選手の移動が大変なので撤退派

    アルゼンチン : 特に主張はせず。


    南アフリカ側がどれくらいの激しさで撤退を主張しているのかが気になるところです…

    ちなみに日本のダイキン工業が大口スポンサーであるワラターズ(オーストラリア)の会長はSANZAARの幹部に対しサンウルブズ残留を要望したそうです。

    14日以降にSANZAARは結論を出すとのこと。

    祈りましょう…

     
    反応












    10日、サンウルブズにアマナキ・レレィ・マフィが追加加入することが発表されました。




    _20190305_030603

    アマナキ・レレィ・マフィ
    生年月日1990年1月11日
    出身トンガ
    身長189cm
    体重112kg
    SRキャップ22キャップ(日本)
    ポジションNo8

     
    反応














    9日に行われたスーパーラグビー2019ラウンド4、ブルーズvsサンウルブズの対戦は28ー20でブルーズが勝利しました。




    スーパーラグビー2019 ラウンド4
    ブルーズVSサンウルブズ
    2820
    前半後半前半後半
    22T11
    10G11
    11PG20
    00D00
    【シンビン】
    56分 マシレワ(サンウルブズ)
    74分 ベラ(サンウルブズ)


    【獲得勝ち点】※( )内は総勝ち点
    ブルーズ: 4 (6)
    サンウルブズ: 0 (5)

    【会場】
    ノースハーバースタジアム(オークランド/NZ)
     
    反応
















    2日に行われたスーパーラグビー2019ラウンド3、チーフスvsサンウルブズの対戦は15-30でがサンウルブズ勝利しました。

    スーパーラグビー2019 ラウンド3
    チーフスVSサンウルブズ
    1530
    前半後半前半後半
    02T21
    01G21
    10PG30
    00D00
    【獲得勝ち点】( )内は総勝ち点
    チーフス:0 (1)
    サンウルブズ:4 (5)

    【会場】
     ワイカトスタジアム(ハミルトン/ニュージーランド)




    反応








    ↑骨付き肉説








     


    スーパーラグビー2019第2節のTeam of the week(ベスト15)が発表され、サンウルブズからファンデンヒーファー、山下裕史の2選手が選出されました。


    ↓スーパーラグビー第2節ベスト15

    _20190227_215316

    ゲラード・ファンデンヒーファー
    生年月日1989年4月13日
    出身南アフリカ
    身長192cm
    体重102kg
    愛称シャドー
    ポジションWTB・FB

    山下裕史
    生年月日1986年1月1日
    出身大阪府四條畷市
    身長183cm
    体重120kg
    愛称ヤンブー
    ポジションPR


    ↓2015年W杯南ア戦のトライを彷彿とさせるファンデンヒーファー♪

     
    反応












    2月23日に行われたスーパーラグビー2019ラウンド2、サンウルブズvsワラターズの対戦は30ー31でワラターズが勝利しました。




    スーパーラグビー2019 ラウンド2
    サンウルブズVSワラターズ
    3031
    前半後半前半後半
    21T32
    21G11
    21PG00
    00D00
    【獲得勝ち点】※( )内は総勝ち点
    サンウルブズ:1(1)
    ワラターズ:4(5)
    【会場】
    秩父宮ラグビー場


    反応

















    16日に行われたスーパーラグビー2019開幕節、サンウルブズvsシャークスの対戦は10-45でシャークスが勝利しました。


    スーパーラグビー2019 ラウンド1
    サンウルブズVSシャークス
    1045
    前半後半前半後半
    10T33
    10G33
    10PG10
    00D00
    【獲得勝点】
    サンウルブズ:0
    シャークス:5
    【会場】
    シンガポール国立スタジアム




    レネレンジャーの負傷交代に対するsns上の反応をみてみるとレンジャーに期待してワクワクしていた方が本当に多いです。

    どうか軽症であってください…

     
    反応















    ↑シャークスのTwitter公式アカウントで試合中にされた実況ツイートの投稿数は70回以上!(サンウルブズは3回…)

    試合を観ることが出来なかった人の中にはシャークスの実況ツイートで情報収集する方も多かったのでは?
     


    2月5日、近鉄ライナーズのトンプソン・ルークがサンウルブズに追加召集されることが発表されました。

    以下はサンウルブズ公式サイトより引用(https://sunwolves.or.jp/information/article/6814/)

    ■追加招集スコッド

    名前:      トンプソン ルーク( Luke THOMPSON )
    ポジション:    LO
    国内所属チーム:近鉄ライナーズ
    出身地:        ニュージーランド
    生年月日:       1981/4/16
    身長/体重:    196cm/110kg
    日本代表キャップ数: 64

    ■追加招集(練習生)

    名前:         松橋 周平(Shuhei MATSUHASHI )
    ポジション:      FL/No.8
    国内所属チーム:リコーブラックラムズ



    トンプソンルーク選手の泣けるほど頑張るプレーはチームのメンタル面において計り知れない効果があるんじゃないでしょうか♪

    そして代表にも…


    反応

















    このページのトップヘ