ラグビーム【ラグビーまとめ】

ラグビー情報のまとめサイトです。 野球やサッカーに比べてラグビーを議論できるサイトが少ないと感じ、運営開始いたしました。

    海外ラグビー


    10月26日に花園ラグビー場で開催される日本代表と世界選抜(WorldXV) の一戦。
    世界選抜のスコッド9名が追加発表されました。

    【世界選抜参加9選手】
    ベン・アレクサンダー(ブランビーズ)

    ヴィリー・ブリッツ(NTTコム/サンウルブズ)

    サム・カーター(ブランビーズ)

    ライオネル・クロニエ(トヨタ自動車)

    コーネ・フーリー(パナソニック/ライオンズ)

    ジェイソン・ジェンキンス(トヨタ自動車)

    アドリアン・ストラウス(ブルズ)

    ヘンカス・ファンヴィック(宗像サニックス/ササンウルブズ)

    ハロルド・フォスター(パナソニック)

    _20181011_185245

    アドリアン・ストラウス
    生年月日1985年11月18日
    出身南アフリカ
    身長184cm
    体重109kg
    代表キャップ66cap
    ポジションHO

    反応













    ザ・ラグビーチャンピオンシップ2018(南半球4ヶ国対抗戦)第2節、アルゼンチン(ロスプーマス)vs南アフリカ(スプリングボクス)の対戦が行われ、32-19でアルゼンチンが勝利しました。


    南半球4ヶ国対抗・ラウンド2
    アルゼンチンVS南アフリカ
    3219
    前半後半前半後半
    31T12
    30G11
    10PG00
    10D00

    39036576_2053270424684211_6661804759281827840_n

     
    反応













    8月25日、ラグビーチャンピオンシップ2018(南半球4ヶ国対抗戦)第2節、ニュージーランド(オールブラックス)vsオーストラリア(ワラビーズ)の対戦が行われ、40-12でオールブラックスが勝利しました。

    これにより、今年のブレディスローカップは1試合を残し2勝したオールブラックスが16年連続でワラビーズを制する結果となりました。

    (ブレディスローカップとは)
    オールブラックスとワラビーズの定期戦で年に3試合行われ勝ち越した方が優勝。

    39387927_236471323731178_6558125571606315008_n


    チャンピオンシップ・ラウンド2
    オールブラックスVSワラビーズ
    4012
    前半後半前半後半
    24T11
    23G10
    00PG00
    00D00
    【トライ】
    (NZ)
    15'ボーデン・バレット
    39'ボーデン・バレット
    44'ジョー・ムーディー
    49'リーアム・スクワイア
    63'ボーデン・バレット
    70'ボーデン・バレット
    (AUS)
    30'ウィル・ゲニア
    56'リース・ホッジ
     
    反応

















    8月18日、ラグビーワールドカップ2019のアフリカ予選であるゴールドカップで ナミビアがケニアを53-28で下し優勝しました。



    この結果でナミビアの日本行きが決定。ワールドカップではプールBに入ります。

    _20180819_132350


     
    反応










    8月18日、ラグビーチャンピオンシップ2018(南半球4ヶ国対抗戦)第1節、オーストラリア(ワラビーズ)vsニュージーランド(オールブラックス)の対戦が行われ、13-38でオールブラックスが勝利しました。

    チャンピオンシップ・ラウンド1
    ワラビーズVSオールブラックス
    1338
    前半後半前半後半
    01T15
    01G04
    20PG00
    00D00



     
    反応















     サッカー、プレミアリーグのリヴァプールに所属するジェイムズ・ミルナー選手が試合で見せた姿がラガーマンっぽいと話題になっていました。

    その姿がこちら↓
    IMG_20180814_171341

    額を15針縫う怪我をしたことから現在バンドを着用してプレーしているミルナー選手。

    首が太く、体格の良いミルナー選手は元々ラガーマン風ではあったのですが、バンドを着用した姿をみると、それにしか見えなくなっています…

    ↓オールブラックスのLOスコット・バレット
    _20180814_174146

     
    反応










    8月4日、スーパーラグビー2018プレーオフ決勝が行われました。

    2年連続の顔合わせとなったクルセイダーズとライオンズの対戦は37-18でクルセイダーズが勝利し、連覇を達成。最多の9回目の栄冠となりました。


    スーパーラグビー・プレーオフ決勝
    クルセイダーズVSライオンズ
    3718
    前半後半前半後半
    22T02
    22G01
    21PG21
    00D00
    【会場】AMIスタジアム(クライストチャーチ)
    【MOM】リッチー・モウンガ(クルセイダーズ)




    IMG_20180804_231750

     
    反応














    数々の衝撃を世界のラグビー界に与えてきたスプリングボクスの英雄、ブライアン・ハバナが今季限りでの現役引退を発表しました


    【AFP通信】ハバナが引退表明、南アフリカ最多トライの伝説的選手
    http://www.afpbb.com/articles/-/3172415?act=all
    (以下記事引用)
    南アフリカラグビー協会(SARU)のマーク・アレキサンダー(Mark Alexander)会長から「南アフリカ史上最高のスポーツマンの一人」と称賛されたハバナは、2013-14シーズンからトゥーロンに加入し、2度のヨーロピアンラグビーチャンピオンズカップ(European Rugby Champions Cup)制覇とリーグ優勝1回を経験した。
    スプリングボクス(Springboks、南アフリカ代表の愛称)ではビクター・マットフィールド(Victor Matfield)氏に次いで歴代2位の124キャップを誇り、2004年11月のイングランド戦で決めた初トライから同国最多の67トライを積み上げた。
    2007年のW杯(Rugby World Cup)では大会記録に並ぶ8トライを記録するなど、母国の優勝に決定的な役割を果たしたが、代表でのキャリアは18-20でイタリアに歴史的な初黒星を喫した2016年11月の試合が最後となっていた。

    ブライアン・ハバナ
    生年月日1983年6月12日
    出身南アフリカ
    身長180cm
    体重94kg
    代表キャップ124試合
    W杯トライ数15(歴代1位)


    ↓ハバナ(100M10秒4)vsチーター



    ラグビー民の反応

















    日本時間3月18日に行われた、シックス・ネーションズ2018(ラウンド5)、イングランドvsアイルランドの対戦は 15-24でアイルランドが勝利しました。

    この結果によりアイルランドは
    ・グランドスラム(5戦全勝)
    ・トリプルクラウン(イングランド、ウェールズ、スコットランドに勝利)

    を達成しました。

    シックスネーションズ・ラウンド5
    イングランドVSアイルランド
    1524
    10総勝点26
    前半後半前半後半
    12T30
    00G30
    00PG01
    00D00
    【会場】トゥイッケナムスタジアム/ロンドン

    DYgcM3wX0AIb12f


    ↓最終順位
    DYgzFcJX0AEBuVy
    ※アイルランドはグランドスラム達成で3ポイント追加

     
    ラグビー民の反応















    現地時間3月10日に行われたシックス・ネーションズ2018(Round)、アイルランドvsスコットランドの対戦は28-8でアイルランドが勝利。

    2位イングランドがフランスに敗れ最終節を残しアイルランドの優勝が決定しました。

    シックスネーションズ・ラウンド4
    アイルランドVSスコットランド
    288
    19勝点8
    前半後半前半後半
    22T01
    22G00
    00PG10
    00D00
    【会場】アビバスタジアム(ダブリン/アイルランド)

    シックスネーションズ・ラウンド4
    フランスVSイングランド
    2216
    10勝点10
    前半後半前半後半
    01T01
    00G01
    32PG30
    00D00
    【会場】スタッド・ド・サンドニ(サンドニ/フランス)


    DX8M_cEXkAEXPHN


     
    ラグビー民の反応

















    このページのトップヘ