味の素スタジアムがラグビーW杯で使用するためFC東京がルヴァンカップのホームゲーム2試合を秩父宮ラグビー場で開催することが決まりました。

「ラグビーの聖地」と呼ばれる秩父宮でサッカーの試合が行われるのは1964年の東京オリンピック以来でかなり注目が集まっているみたいですね♪

今回はそんな秩父宮ラグビー場で観戦する事になるFC東京サポーターならびにサッカーファンの皆さんに秩父宮について少し知っておいた方が得な知識をラグビー側の人間が勝手にお伝えします♪


※ネガティブ要素がちょっと多いですがご了承くださいm(__)m
 
トイレが少ない&古い

秩父宮のトイレ問題は結構深刻?で、数が少なく特に冬場は列の長さがすさまじくハーフタイム中に行くと後半開始に間に合わないことも…

あと和式トイレが幅を利かせていてお世辞にも綺麗とは言えないので特に女性は辛いかもしれません…


ゴール裏に差が…

ゴール裏のスタンドは片側は全席個席の屋根つき、反対側は全席立ち見席で屋根無しとなっています。

images

_20190123_173134


「屋根側の方がいいじゃん」と思いがちですが、屋根を支える柱が視野に入って邪魔だったりしますし、立ち見席側の方が勾配があって見やすいです。

どちらをホーム側にするかクラブの運営は少し悩みそうですね

 
ゴール裏に巨大なビル

秩父宮ラグビー場が都心にあるということが実感できるゴール裏の真後ろにそびえ立つ巨大なビル。

_20190123_173224


この建物の正体は伊藤忠商事の本社であります。

秩父宮に来場した誰もが「あのビルから試合みれるんじゃ?」と思いますがこの通り↓
_20190123_173653

バリバリ観れます笑
視力に自信のあるFC東京サポーター兼伊藤忠の社員さんはここから観戦するのでしょうか…
 
スタグルの充実は?

Jリーグの中でも図抜けた胃袋を持っていると噂のFC東京サポーターの皆様が1番に気になるのはスタジアムグルメの充実度ではないでしょうか。

率直にいうと秩父宮のスタグルの規模は小さいです。キッチンカーの出店もあまり多くはありません。(都心にあるスタジアムなのでやはりスペースが…)

ただメインスタンドとバックスタンドにある売店にはラグビー場ならではの名物グルメもあります♪

_20190123_173822

有名どころでいうと「スクラムポテト」や「ノーサイドハヤシライス」などラグビー風ネーミングのグルメがあります。

 
最後に

現存の秩父宮ラグビー場は老朽化などもあって取り壊して新設する方針となっています。

恐らくFC東京のルヴァンカップの試合が「初代秩父宮ラグビー場での最後のサッカー」になるでしょう。

是非サッカーファンの皆さんには秩父宮をおもいっきり楽しんでほしいとラグビー人は思っています。

少々年季の入っている聖地ですがどうぞよろしくお願い致しますm(__)m